[釣具レビュー : ルアー ]ジャンプライズ 飛びキング

ジャンプライズ 飛びキング  [ 105HS ] ★★★★★

前回の投稿から相当空いてしまいましたが、先日久しぶりにルアーを購入しました。

※なぜかamazonのリンクが作れませんでした。まあ、売り切れているので意味ないのですが。

「ぶっ飛び君」「ぶっ飛び君ライト」「かっ飛び棒」などの、メタルジグ並みに飛距離を出せるミノープラグに定評のあるジャンプライズですが、昨年末に新たにラインナップに加わったのがこちら。

今までのシリーズは”シンキングペンシル”といった位置づけだと思いますが、飛びキングは”リップレスミノー”の形状をしています。重心はテールに寄っている感じで、キャストすると尻からまっすぐ綺麗な姿勢で飛んでいきます。また、重量と重心のおかげでぶっ飛び君よりも飛距離がでます。

泳ぎについては、ぶっ飛び君はペンシルらしい尻を振って泳ぐ動きをしていました。飛びキングも同様に重心が後ろなので尻を振るのですが、ヘッド部分の形状のせいなのか、たまにリップレスミノーのような”うねる”ような動きが混ざることで不規則な動きになる(いわゆるチャター系の動き)場合があります。この点が今までのシリーズとの大きな違いでしょうか。

シーバスや青物はもちろんですが、沈みが早いのでヒラメ用にも使えると思うので今度試してみることにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする